神田の唄

ブログで生計を立てるために頑張る下剋上ブログ

大事だと思うことは何度でも主張しよう

f:id:kandareiji:20160327193526j:plain

1回主張しただけで伝わると思うのは傲慢でしかない

ぼくのブログに定期的に訪れてくださる方はお気づきでしょうが、ぼくは同じ主張を繰り返しています。

 

・将来に備えて運動しよう

・運動もブログは継続が大事


まだ記事数が少ないので繰り返し主張していることも少ないですね。

でも、今後記事を量産していくなかで繰り返し主張していく内容はで増えていくでしょう。

てか、あえて繰り返し主張していきます。

自分が大事だと思うことは何度でも主張すべきです。

何度でも訴えかけるべきです。

自分が大事だと思うならね。

なぜ、繰り返し主張するのかというと、1回主張しただけでは相手には伝わらないからです。

1回主張しただけで相手にわかってもらうってのはムリだし、1回主張しただけで伝わると思うのは傲慢でしかないですよ。

純情な感情だって1/3も伝わりませんからね。

少なくとも大事なことは3回以上は主張しましょう。

 

 

 

 

オフラインの世界でも繰り返し主張するよね。ブログも同じです。

オフラインの世界では大事だと思うことをなんども主張するよね。

進学したい時や、引っ越しをしたい時、なにか欲しい物があった時に親に1回だけいって終わることってまずないです。

親の反対もあるだろうし了解を得られないことは往々にしてあります。

1回行っただけですべてにOKしてくれることはまずないです。

逆に1回行っただけで納得してもらえることは大した要件ではないのですよ。

大事なことって繰り返し言わなくてはならないことばかりです。

自分の夢だったり、自分の中にある絶対的な考え。

そういったものは周りの人間に繰り返し主張しないとわかってもらえません。

顔を合わせて話すことのできるオフラインでそうなんだから、ブログのようなオンラインの世界ならなおさらです。

そもそも自分が大事だと思って主張した記事を読者が読んでくれてない可能性は高いからね。

1ヶ月前に主張した内容をわざわざ新規の読者が遡ってみることは稀ですよ。

相当にブログに価値を感じてもらっていないと過去記事を読み漁ることをする読者はいません。

だからこそ、読者の目に触れる様に繰り返し大事だと思うことを主張していかなければならないんですよ。

もしかしたら10回出張しないと新規の読者の目に触れることすらないかもしれないし、既存の読者にも10回言わないと伝わらないかもしれません。

何回目に伝わるのかは書き手にはわかりません。

それでも大事だと思うことはいつか伝わると思ってひたすら主張していくしかないのです。

 

 

 

 

f:id:kandareiji:20160327193715j:plain

(大事だと思うならなんどだって繰り返し主張していこう。)

 

 

 

 

伝わった基準は動いてもらうこと

なにをもって相手に伝わったと考えれば良いのか。

伝わったかどうかは相手が行動に移してくれたときだと、ぼくは考えています。

将来のために運動を開始してることと、ブログや運動を継続してくれることがぼくのなかで伝わったときなんです。

で、これは結構大変なことです。

相手に動いてもらうのは物凄くエネルギーを使います。

オフラインの世界でもそうですよね。

相手に自分が伝えたことを行ってもらうのは難しい。

自己啓発書が世にあふれているのに、本の内容を忠実に実行する人は一握りです。

ひとは基本的にあたらしいことをやらずに現状維持に終始する特性があります。

だから1回の主張では相手に伝わらないし、ましてや行動に移してもらうことはできません。

「大事だと思うことについて1記事書いたから、読者に伝わったはず!」

なんてのは幻想でしかないわけです。

熱を持ってひたすらに繰り返し大事なことを伝える。

これしか伝わる手はないです。

 

 

 

 

自分自身が行動に移していることが前提条件

大事なことは繰り返し主張すべきですが、繰り返し主張するだけでなく自分自身が主張していることと一貫した行動をしているかが重要です。

例えば毎日更新をすることを呼びかけているブログが1週間に1回しか更新していなければ、そのブログをみて毎日更新する気にはなりませんよね。

運動習慣が大事だといっているのに「毎日寝てばかりでダラダラ過ごしてしまいます。」なんて記事を書いているのであれば、誰も運動なんてしようとは思いません。

主義主張と行動が一貫しているかどうかはすごく大切です。

自分が大事だと思って繰り返し主張することは、自分自身が実行していることをみせていかないといけません。

「背中で語る」って言葉があるけど、これは本当に大切なことです。

ぼく自身も「口では偉そうに言っているけど、自分だってできてないでしょ」と思う人のいう事は聞こうとは思いません。

同じようにぼくもそう思われる対象の1人です。

言行一致することは大事です。

繰り返し主張する時には言行一致しているかどうかが重要です。

 

 

 

 

自分に主張が正しいかどうかは関係ない

自分の主張が正しいのか間違っているのかは関係ありません。

主張なんて大抵は正解がありませんからね。

ぼくたちがアタマに描いている考えはそれぞれ違うのですから、当然主張も違います。

仮に主張に対して指摘があったとしても、その指摘の方が正しいと思ったなら考えを変えれば良いだけです。

間違った主張をしていたと気付いたなら、それは主張したおかげです。

主張しなければ周りの意見をもらうことすらできません。

とりあえず主張すれば良いんですよ。

大事だと思うことは何度でも主張しなければ相手に伝わらないし、自分の主張が正しいのか間違っているのかの判断もつきませんからね。

どんどん主張して、伝わるまで繰り返そうぜ!

 

 

 

 

またね!

広告を非表示にする